« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

初ブログ

28日の土曜日から大自然生活館で働いています。

連日自分の作業の遅さや注意力の無さを痛感しています。

今日は生憎の雨。。。ですがやる事沢山あるので張り切ってきました。午前中はサンドイッチ作り。午後はペットボトルのキャップの二度締めです。

午前中の作業は焦っていたせいか無駄な動きが多く時間がかかり過ぎてしまうなど反省点がありました。また作業終了後、次の指示を聞きにいくなど自分で動く場面で動けないのが今後の課題です。

午後のキャップ閉めはスムーズの進みましたが、他のパートさんから比べると全体の作業としては遅いかも知れません。又初めてサンドイッチ屋さんの閉店作業をしました。前日にマニュアルを読んだので大丈夫と思いきやボイラーの電源をきり忘れました。また一部マニュアルと違うかも知れないことがあったので今日帰ってから、また確認を兼ねて勉強です。

赤羽

| | コメント (1) | トラックバック (1)

果実飲料『ゆず』製造しています

  いま、果実飲料『ゆず』を製造しているところです。

柚子の香りと酸味とほろ苦い香りがして、甘みは一切足していませんので”暑い夏に酸っぱさが心地よい飲み物”だと思います。

 <作り方>

 ①まずお水を沸かし始めます。

 ②次に二重にした茶こしを使って柚子果汁を入れます。

  今回は柚子果汁を入れるタイミングを「お湯が沸騰してから」にしたところ、ジュワジュワッと果汁がはじけて、これが結果として濁りを出してしまったのかもしれません。

 次回は、「お水のうちに」果汁を入れてみたいと思います。

 ③沸騰したら注入機でペットボトルに詰めます。(これも”どくだし茶”と同様に気圧を0.5くらいで行います。)

 ④キャップを締める機械で締めます。

 ⑤最後に検査を行います。

 柚子はレモンより風味も味も私は美味しいと思います。

この果実飲料「ゆず」はちょっとすっぱいので、お子様にはガムシロップ等の甘みを足してあげると喜ばれるのではないかと思います。

一度お試し下さい。

     みき

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (2)

健康ドリンク「スリムティ」「どくだし茶」を製造中

 ただいま新商品を製造中です。

『微香ドリンク』『健康ドリンク』『ライトジュース』です。

 今は新商品である健康ドリンク(ペットボトル500ミリリットル)製造しているところです。

健康ドリンクの中には『スリムティ』と『どくだし茶』の2種類があります。

  スリムティにはギムネマが入っているので血糖値を下げる効果があるようです。

  どくだし茶は胃に易しいようです。

製造の流れは、

 ①まず茶葉を煮出して

 ②ペットボトルに注入し

 ③キャップを閉めて

 ④検査をする

 <茶葉の煮出し方>

  ・茶葉の量を3回に分けてそれぞれ20~30グラムずつ増やしてみました。

  ・煮出し時間も10分ふやしてみて渋味が出てしまったのでまた10分減らしてみました。

 <ペットボトル詰め>

  ・注入するときの気圧の差で、たちまちペットボトルがへこんでしまい何本も台無しにしてしまいました。

   気圧を上げるとペットボトルがあっという間にへこんでしまい、気圧を下げると注入される量が少なくてとても時間が掛かってしまいました。

   結局、気圧が多少低くても確実に製造できる「0.5」くらいが一番良いようです。

 <キャップ締め>

  ・一番初めは手でねじって締めて見たのですが、一日やっただけでいくつもマメができてしまいました。(ペットボトルも相当熱いので更に輪が掛かります)

  ・キャップを締める機会が届き、私がやってみると全然キャップが締まらなかったり、初めは力を入れすぎてペットボトルを潰してしまったりしました。 

  コツを教えていただき、{キャップの頭の寸前のところで一度下ろす動作をとめて軽く機械をキャップにフィットさせてから下まで下ろす}と上手くいくようになりました。

  最後に<検品作業>ですが

  ・異物は重いので、気泡とは逆で下に落ちるのでその辺を注意してみて、また振る動作の速さも加減しないと異物が動くのを目で捉えれことができないので、ある程度ゆっくり上下を返してみるのが私にとっては良いようです。

  [その他気づいた点]

  ・ペットボトルに注入するとき比較的高い温度のとき(95~96度位)ペットボトルのそこの部分が少し膨らんでしまい、その膨らんだむんだけペットボトルの上部からお茶の量が下に下がるような気がします。

下がった分を足してしまうと、キャップを締めた時にお茶があふれ出てしまうことがあります。そうするとキャップにしみがついてしまうので充分注意して行うようにしたいと思います。

  ・テーブルがお茶の熱さで跳ね上がることがあり、そうするとペットボトッルからぺお茶が少し跳ね上がってしまいます。

下に何かを敷くなり改善したいと思います。

 色々と問題が起こりますが、改善していきたいと思います。

よく冷やして飲むと美味しいと思いますのでお試し下さい。 

 

 

        

| | コメント (1) | トラックバック (1)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »