« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »

”まるまる果実クランベリー”美味しくできました!

 今回何度目かのジャム作りを行いました。

 今回はクランベリーのジャムでした。

見た目は色とりどりの赤・朱色で少し白っぽくも見えるのですが、鍋に入れぐつぐつ言い出す頃にはとても鮮やかなルビー色に変化していました。

 生のクランベリーを食べてみると、渋みがあって思っていたような酸味はあまり感じられなかったのですが、果汁が出てくる頃にはとても濃くて美味しい酸味が出てきていました。

これを煮込んで、グラニュウ糖や甜菜糖等を加えた物は又私好みの酸味と甘みがあって皆さんにもお勧めしたいと思います。

 まだ同じ種類の物を続けては作っていませんが、まだ少しばらつきが出てしまうので毎回考えて工夫して造っていきたいと思います。

 みき

| | コメント (0) | トラックバック (2)

美味しいサンドイッチを作れるよう工夫したいな!

 久しぶりにハーバルティーの仕事に入りました。

 サンドイッチの中身も少し変わっていて、一つ一つ確かめながらの作業となりました。今回作ってみて見た目が分かったので次回はもう少し美味しそうに作れるように工夫したいです。

 特にツナやアスパラガスなどはオイルや水分が多い為きちんと水分を切って、だらりとならないようにしたいと思います。

 今日は新商品の製造を試作させてもらいながら、一緒にハーバルティーも見ていたので、

買いにいらしたお客様になかなか気づかず、慌てて製造を中断してティーまで駆けつけた時はもう遅しでした。せっかくいらしたのにごめんなさい。

・・・「呼び鈴」が窓口においてありますので是非鳴らしてお知らせ下さい。よろしくお願いいたします。・・・

 新商品のほうは、今”ちょっと変わった?・それでいて美味しい・身体にもよいドリンク”を製造中です。色々試行錯誤しながらやっているところです。この仕事も神経を集中させて製造にあたりたいと思っています。

もう少しお待ちください。お楽しみに。

みき

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*リーフレット素材選び・パンシール作りと夏に向けて*

今日は新商品のリーフレットとして作ってきた物の紙質を探す作業をしました。紙質で色や商品の雰囲気がガラッとかわってしまいます。なのでお店をのぞいたり雑誌を探してみたりとしましたが、なかなか思ったような素材が無くて苦戦しました。ちょうど会社にあったパンフレットがつるつる感や厚さも良いと感じたので切り抜きました。専務に確認をとるともう少し薄めの方がしなやかだから折れにくいからいいと思う。とアドバイスをいただいたのでもう一度素材を探し薄手のものを切りました。薄手でも紙が意外としっかりしていて、かつやわらかく雰囲気もしっくりときました。色も綺麗で字も映える色を探し相談しながら決めました。印刷業者さんに連絡をとると版下は出来ているということだったので出来上がるのが楽しみです。今日も新商品を待っているという卸さんからの連絡がありました。

そして先日からの続きで、パンの表面・裏面作り。商品数が多いですがこちらも卸で好評のようです。お客様に安心していただける情報提供(裏面)・そして買いたくなるような見た目(表面)はとても大切です。なんとか今日出しの2店舗分に間に合いました。

さて、夏に体験入社があり来年入社予定の方々に実際働いてみてもらう機会があります。今日は少しその予定を書いていきたいと思います。

8月3日~5日:一日の作業の把握・レジ接客のしかた・商品の扱い方などを指導

6日~12日:飲み物の入れ方・ケーキの補充・(サンドイッチの作り方)

13日~19日:サンドイッチ作り・一通りの作業が出来るようにする

20日~28日:細かい点について指導・話し合い・改善

大まかですが徐々に慣れてもらい、どのような仕事の流れか、体験していただきたいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*クランベリージャム作りとラズベリー酢ドリンク作り*

今日は昨日と同様Sスタッフとジャム作り・酢ドリンク作りをしました。

二人での作業の中で自然と分担ができ、2日目ということもあり昨日よりもスムーズに製造ができました。お互い次に自分がどう動けば自分にとっても相手にとってもやりやすくスムーズか考え気がついた作業は率先して進め、注意しあい、疑問に感じたところは話し合いながら進めました。私も一人では気がつかなかった点もあり、ジャム作りなども細かい点で改善していくことができそうだと感じました。

今日は来春卒業の方の面接があり、お昼を一緒にする機会もありました。そして来店は多くはなかったのですが、今日もジェラードを買われたお客様が、その場で食べ美味しいとおっしゃっていたので嬉しくなりました。

今週も製造に忙しい一週間になりそうですが一つ一つ意味のある仕事ができればいいなと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*ミルクジェラード作りとお客様との会話*

今日はジェラードを作りました。ミルクジェラードは前回の分量で作りました。なめらかでミルクの味が効いた美味しいジェラードに仕上がりました。今日は気温が高くお客さんも多く来店があったのでジェラードもよく売れました。美味しいという声を聞くと作る気持ちにも力が入ります。ただ暑さで材料のミルク・生クリーム等が傷まないように気をつけなければいけないなと思いました。

昨日の夕方に来店のあったお客様が今日も来て下さり、「昨日のサンドイッチ美味しかった。」と言ってくださいました。さらに今日お出ししたアールグレイ紅茶も美味しかったと、二杯目にダージリンをおかわりしていただきました。こうゆうお客様との会話で美味しいといっていただけることは何よりも励みになるなと感じました。

今日はサンドイッチもほぼ完売。ドリンクもミルクジュースなどが結構出ました。これから夏に向けてどんどん忙しくなっていくと思いますが、自分なりに流れを作って製造と両立していきたいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*リーフレット訂正・接客など・・・バジルドレッシングの美味しい使い方*

今日は発送や発送準備をしながら接客やリーフレットの微調整をしました。

雨の中でも来店が多く、久しぶりにお客様と接しお話をすることができました。納得していただき喜んでご購入いただくことはとても嬉しかったです。

リーフレットは指摘を受けた部分を変更すると、他の部分も微妙に変化しそれがまた良い点が出たり悪い点が出たりというのがありますが、今回は総合的に変化させた方が良くなりました。こういった少しの点もダミーの時点で気づき提案していけるようにならなければいけないなと感じました。

    バジル酢ドレッシングの美味しい使い方の紹介* 

今日はバジル酢ドレッシングを、バジルの効能等交えながら紹介したいと思います。 

<バジル>
1・学名  ・・・・・・ ・


2・原生地 ・・・・ インド、熱帯アジア原産。

3・効能  ・・・・ 

・鎮静作用・リラックス効果
バジルの香り成分である、リナロール、カンファー、オイゲノールには鎮静作用があり、神経を鎮めて精神的な疲労をやわらげる作用や、リラックス効果があります。

・食欲・消化促進
香り刺激で食欲を促すだけでなく、胃炎や胃酸過多など胃腸の働きを改善する働きもあります。

殺菌・抗菌
殺菌・抗菌作用が強く、風邪、気管支炎・解熱・口内炎など細菌性の病気の予防効果があります。また生葉を揉んですりつけると、虫さされや炎症に効果があります。

・咳止め
微量のサポニンを含んでいるので、咳止めの作用があります。

4・使用方法・・・・スパゲッティー・ピザ・サラダなどに。また、トマトドレッシング1にたいして水10でわっていただきハチミツをたしてドリンク酢としておのみいただけます。 

5・バジル酢ドレッシング・概要・・・・
酢ドレッシングはスパイス・オリーブオイル・岩塩と酢の自然素材だけでできているとてもヘルシーなドレッシングです。またバージンオリーブオイルを使用しているので健康的で油っぽくないドレッシングです。バジル酢ドレッシングは用途は広く、サラダドレッシングはもちろんのこと、イタリア料理やドリンク酢としても♪スパイスを少し効かせた料理になります。

*イタリアン冷奴* 

材料:豆腐1/2丁、バジル酢ドレッシング小さじ2、オリーブオイル小さじ2、塩ひとつまみ、コショウ少々

1.豆腐を器に盛り、塩をふりかける。

2.オリーブオイル、酢ドレッシング、コショウをかけてできあがり!

量はお好みでOK。洋風な冷奴が楽しめます♪

*イタリアン納豆酢トースト*

材料:食パン1切、納豆1パック、玉ねぎ1/4、マーガリン適量、(ケチャップ大1、バジル酢ドレッシング大1、マスタード小1、コショウ少々)

1.玉ねぎはスライスし、塩もみ水洗いをし水気を切っておく。納豆はかき混ぜる。

2.()の調味料を混ぜ、1を入れてさらに混ぜる。

3.パンにマーガリンを塗り、2をのせトーストで完成★

ケチャップと酢がアクセントのトースト♪納豆の匂いもあまり気にならない、美味しいトーストです!朝食にも♪

イタリア料理を良く食べる日本人にも食べやすいハーブ・バジル。ちょっとおしゃれなあじつけになります。ぜひ色々な料理にお試しください♪

投稿者:コミ

バジリコ(Basilico)は、シソ科メボウキ属の一年草。学名はOcimum basilicum、和名はメボウキ。英名のバジル(Basil)の名でも知られる。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*チャレンジのラズベリージャム作り*

今日はラズベリージャム作りで、前回果実をホールの状態として残すためのアドバイスをいただいたものを元に、作り方を工夫し製造しました。

1回目は最初にジュース・砂糖を沸騰させてからフルーツを入れていくというもの。

水分があるためフルーツを入れてもかき混ぜやすく、かき混ぜすぎなくても焦げ付くことがなかったのでフルーツが崩れにくかったです。焦げ付かない程度にまぜながら、フルーツと砂糖を交互に入れ煮詰めていきました。最後の方になると高温になるため少しずつ崩れてきたものの、一つ一つの実がある程度残り、前回に比べかなり状態が良く仕上がりました。

2回目はフルーツに砂糖を振り掛けておき、最初にジュース・砂糖を沸騰させ徐々にフルーツを加えました。

煮詰めては冷えたフルーツを入れるという繰り返しだったため煮詰めるのには時間がかかりました。煮立たせる時間が多かったため徐々に煮崩れがおきましたが、ホールの状態のものも以前よりも多く残りました。しかし瓶詰めの際1と同じくらいの感覚でフルーツを入れたら、最後にソースが多く残ってしまいました。

2パターンとも手間がかかる分普段よりも時間はかかりましたが、その分状態が良くできたと思います。1と2を比較すると1が断然良かったように感じます。3個目の作りは2と似ていているため2と同じようになるかもしれません。次回は3をやるか、もしくは1の作り方をさらに工夫するか・・検討したいと思います。

フルーツがやわらかい・溶けやすいという難点も、工夫次第でここまでできるという事を教わったように感じます。一回一回の製造を大切にし美味しく安定したジャム作りを目指したいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*レシピ変更のジェラード作り*

今日は搾りたてミルク・抹茶・チョコのジェラードを作りました。

ミルクでレシピを変更するのは今回が初めてで、分量を2パターンにし作りました。

出来上がったものを試食し今までのものと比較すると、まず食感が違いやわらかさがプラスされ出来上がりは生クリームのようなもったりとした良い状態でした。今までもやわらかさはありましたが、口にとける食感が今まで以上のものでした。これがさらに冷えた状態になるとどうなるのか確認していきたいと思います。

味はまろやかでさっぱりとしたミルクに甘みが効いていて、やはり前回よりも美味しくなったと感じました。

出来上がった2パターンの比較をしましたが、硬さに多少の変化はあるものの味などにさほどの差はありませんでした。なので話し合いで分量を決定しました。

出来上がってからそれだけの状態で判断するのではなく、お客様に出すときはどういう硬さか、味かも確認しながら、改善点があった場合はレシピを変えていきたいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*サンドイッチ作りと美味しいクランベリージャムのススメ*

今日はあいにくの雨でしたがぽつぽつと来店がありました。

午前・午後とサンドイッチ作りをしたのですが、以前と比べ徐々に作る早さが上がったように感じました。そのため片付けも早く終わり、夕方には伝票打ちやPOP作りの方もすることが出来ました。効率を良くしていき毎回+aで仕事が出来るようにしていきたいと思います。

今日はジャムシリーズ最後のクランベリージャムについて、前回の紹介をボリュームアップさせ美味しい食べ方を紹介します。

*美味しいクランベリージャムのススメ*

 <クランベリー(コケモモ)ジャム>

1・学名  ・・・・・・

  学名: Vaccinium macrocarpon
和名: オオミノツルコケモモ
英名: cranberry

2・原生地 ・・・原産地は北アジア・北米東で、アメリカ・カナダで栽培されています。

3・効能  ・・・・

・キナ酸という成分は、老廃物の排出を助ける働きがある。そのため尿道炎や膀胱炎などの泌尿器系疾患に効果があるとされる。

・ブドウ種子ポリフェノールやアントシアニンなどのポリフェノールも多く含まれ、歯周病予防や抗酸化作用、コレステロール値の上昇を抑えるなどの効果もあるとされている。

・そのほかビタミンCも豊富に含んでいる。

4・使用方法・・・・・パンに塗って

       ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

       ・・・・・スコーンにのせて

       ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

5・クランベリージャムのススメ・・・・クランベリーは、アメリカ北部で生産されているツルコケモモ科の植物で、サクランボみたいに真っ赤な実をつけます。
クランベリーの薄いピンク色の花が、鶴(crane)のくちばしに似ている事からcrane-berryと呼ばれているそうです。クランベリーの赤い色は、アントシアニン!アントシアニンは特に強力な抗酸化作用を有しており、各種の感染症予防に役立つことがわかりました。また、コレステロール値の上昇を防いだり血液をきれいな状態に保つといわれているのです。
直径1~2cmのクランベリーの実をそのまま食べるとすっぱい!そのため生のまま食べられることはなく、ジャムやジュースなどの加工用に利用されてます。

 そんなクランベリーを使ったクランベリージャム。食べるとクランベリーの実がたっぷりなことを実感する食べ応え!甘みが加わり程よいすっぱさになっています。そんなクランベリージャムを使って蒸しパンケーキにチャレンジしてみませんか?

 *クランベリージャム蒸しパンケーキの作り方*

 材料:ホットケーキミックス 200g、牛乳 200cc、クランベリージャム 100g、水 適量

1.まずクランベリージャムを湯銭にかけ、適量の水で少しゆるくなる程度に溶く。

2.ボールにホットケーキミックスと牛乳を入れ混ぜる。

3.2にジャムを入れ、混ぜる。

4.耐熱容器に3を入れラップをし、電子レンジで一分加熱。

とっても簡単、ほのかなすっぱさが丁度いい蒸しパンに。是非他のジャムでも試してみてください。電子レンジの代わりに炊飯器でもできますね♪

*アスパラとクランベリーマヨのサラダ*

材料:ホワイトアスパラ1缶、セロリ2本、レタス半分、ジャム大さじ2、塩コショウ・マヨネーズ適量

1.食材を切っておく。

2.ボウルに1とマヨネーズ・ジャムをあえ、調味料を入れれば完成!

クランベリーの色が食欲をそそる♪さっぱりサラダにクランベリージャムの甘みが意外と合います♪

*ホイップクランベリーアイス*

1.ホイップクリーム(植物性低脂肪)100mlにクランベリージャム80gを混ぜる。

2.泡立て器で8分立てに。

3.冷凍庫で1日冷やせばできあがり!

とってもカンタン!試す価値アリです♪

ぜひ色んな食べ方にチャレンジしてみてくださいね!

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*商品リスト訂正とギフトセット作り・・さっぱりトマト酢ドレッシングの使い方*

今日は商品リストの訂正等をし、商品リストやサンプルを出張先の専務へと送りました。商品リストでは今まで変更できていなかった物や新しい商品を入れたりと、思ったより訂正が多く、できればその都度変更していけたらなと感じました。

また客注品でギフトの梱包があり、受け取った方が気持ちの良いように心がけて梱包をしました。

今日は雨が降ったりやんだりと不安定な天気でしたが、明日は晴れてお客様が多く来てくださればいいなと思います。

    トマト酢ドレッシングの美味しい使い方の紹介*

昨日紹介できなかったトマト酢ドレッシングを、トマトの効能等交えながら紹介したいと思います。

<トマト>
1・学名  ・・・・・・ ・ トマト(学名Solanum lycopersicum)は、ナス科ナス属の植物。赤茄子(あかなす)、蕃茄(ばんか)、小金瓜(こがねうり)などとも言う。多年生植物で、その果実は食用として利用される。


2・原生地 ・・・・原産地は南アメリカ大陸のペルーやエクアドルなどを中心としたアンデス山脈周辺の高原地帯であると考えられている。

3・効能  ・・・・

 ①真っ赤なトマトが血液をきれいにします,また100gあたりカロリーは18キロカロリー、
  だから動脈硬化,肥満などの予防に効果あり!!!

②トマトのリコピンは体の中の活性酸素を消してくれる。
  たとえばお酒のみの人、肝臓などに蓄積されそこで発生する
  活性酸素を消してくれます。

 ③トマトのジャム50gは一日にとるべき緑黄色野菜120gを摂れてしまう。
  赤いトマトのジャムは紅果実150g~200gから作られているから。

 ④トマトを常食している南イタリアでは消化器系ガンの発生が少ない。
  また頻尿や前立腺ガンの予防にも良い。
⑤女性は若いときが活性酸素を消すリコピンの血中濃度が多い、年齢とともに少なく
  なるので補った方が良い。

4・使用方法・・・・・イタリア料理に・サラダに。また、トマトドレッシング1にたいして水10でわっていただきハチミツをたしてドリンク酢としておのみいただけます。

5・トマト酢ドレッシング・概要・・・・
酢ドレッシングはスパイス・オリーブオイル・岩塩と酢の自然素材だけでできているとてもヘルシーなドレッシングです。またバージンオリーブオイルを使用しているので健康的で油っぽくないドレッシングです。トマト酢ドレッシングは用途は広く、サラダドレッシングはもちろんのこと、イタリア料理やドリンク酢としても♪トマトのさっぱりした味とまろやかな酸味で、料理がぐっと美味しくなります!、

*トマトと豆腐の前菜*

1.トマト1ヶと豆腐をスライスし、お皿に交互に重ねながら並べる。

2.トマト酢ドレッシングと黒こしょう荒挽きを適量かけてできあがり!

さっぱりとした味のカンタン一品料理です。チーズを一緒にのせても美味しいです!

さっぱりとした味のカンタン一品料理です。チーズを一緒にのせても美味しいです!

*中華風・トマトとわかめの和え物*

1.トマト1ヶをざく切りに、乾燥わかめひとつまみは水に戻しておく。

2.酢ドレッシング大さじ2、砂糖大さじ2を混ぜ1にかける。

3.ごま油を数滴垂らしてできあがり!

さっぱり和え物は今晩のおかずに。お弁当にも良いおかずです!

*トマト酢パゲッティー*

1.パスタはお好みの硬さにゆでておく。ゆで汁はとっておく。

2.トマトをざく切りにし、その他お好みの材料も切っておく。

3.フライパンにオリーブオイル大さじ1、ニンニク1片、赤唐辛子1/2本を炒め、さらに具を加えて炒める。

4.さらにパスタを加え、パスタのゆで汁、酢ドレッシングを加えれば完成!

さっぱりピリっとした本格パスタをどうぞ!

料理の幅が広がるトマト酢ドレッシング。今日から一味ランクアップした健康的で美味しい食生活のお供にオススメします***

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

*リーフレット作り・ストロベリージャム作り*

今日は新商品のリーフレット作りや接客・発送、JANコードの確認、紅茶の注意書きを作る事務所での仕事が中心でした。

今まで出来なかったものが少しずつ片付きほっとしました。ひとつひとつが責任のある仕事ですが、少し楽しみながら仕事が出来たように思います。

先日書けなかったのですが、月曜日はストロベリージャムを作りながらお店の接客をしました。平日のわりにお客さんが多く忙しかったのですが、

前回作ったストロベリージャムを見たらソースがさらっとしていたので、今回は煮込む時間を少し多めにし、コラーゲンも10g多くいれてみました。

それでもとろみはあまり前回と変わらない様な気がしました。次回はフルーツが沸騰したら水分を取り、それから砂糖を入れてみようかなと思います。味だけでなく、とろみや瓶数も安定して作れるようになれたらいいなと思います。一回一回を工夫しながら作っていけたらいいなと思います。

先程このブログが書き終わり、確認画面に移った瞬間に文章が全て消えてしまいました・・・(;-;)なので今日はここまでにし、、載せられなかった「トマト酢ドレッシング」については次回紹介したいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

*レシピ変更・ジェラード作り*

今日は接客をしながらジェラードを作りました。

今回一部レシピを変えて作ってみました。すると以前よりもなめらかに出来、ふんわりとした食感に仕上がっていました。味はもちろんですが、ジェラードやその他食べ物では食感はとても大切になります。これが改善されるということは「美味しい・また食べたくなるジェラード」になるということです。

レシピを少し変えるだけでこんなにも変わるということで、これから回を重ねるごとに自分なりに改善点を見つけていけたらいいなと思いました。

また、味の違いを比較するために味に敏感になることも大切だと感じました。これはなかなか難しいことですが、自分の作ったものの味は出来るだけ感じ取れるようにしていきたいなと思います。

材料だけでなく、作り方を変えることでも良くしていくことが出来ます。工夫次第で色んな挑戦がでる、失敗を恐れずにチャレンジしていくことが今後の課題になりそうです。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

*自然の中でゆったりと過ごす*

今日はサンドイッチを作りました。お昼ごろには来店が多く、作る途中でも接客をしながらになったので製造の時間がかかりました。それでもお客様が多くきていただけることは嬉しいことです。

今日は天気も良かったので、テラスで召し上がる方がほとんどでした。

白根山やドッグランが見える景色は、ゆったりとした時間が流れる居心地の良い場所になっていると思います。

そんな場所で気持ちよくお食事をしていただけるように、接客態度や掃除などにも十分注意していきたいと思います。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

*接客とリーフレット作り*

今日はお店の接客とリーフレットの訂正、POPの整理、事務、JANコードの確認等をしました。リーフレットは詰めに入っているのでだんだんと形が見え、お店に並んだ姿を想像するとわくわくします。

JANコードは今までの物の確認を取り、二重になることのないようにチェックしました。商品数が多くまだ半分くらいですが、いくつか訂正しなければいけない部分があり、こういった確認も怠ってはいけないなと感じました。

夕方には明日足りなさそうなサンドイッチベースも作りました。シーズンの半分の量でつくりましたが、ふっくりしたベースは美味しく仕上がっていました。

明日も忙しい一日になりそうですが、気を張って頑張りたいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2007年5月 | トップページ | 2007年7月 »