« 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »

甘い香りを楽しむジャム作り

 *今日は昨日に引き続きジャム作りをしました。*

午前中はストロベリージャムを。昨日流れをつかんだことと、前日の準備していたこともあり順調にすすんでいきました。焦げ付かないようにと頻繁にかき混ぜていたせいか、ストロベリーは徐々に形が崩れてしまったのが残念でした。しかし、色も濃厚さも味もうまく出来、甘酸っぱいストロベリーの美味しさが出たのでほっとしました。

緊張の中のジャム作りですが、作っているときに香る甘いフルーツの香りがちょっぴり幸せな気持ちにさせてくれるので心が和みます。

午後は一時間ほど雑貨のお店を見ながらの作業となる予定でしたが、お店が混み始めたので一時間雑貨の方で接客をし、ラズベリージャム作りの予定を変更し、昨日今日と作ったジャムのキャップシールをつけていく作業をしました。

重い物を何度も運ぶのでなかなかの重労働で疲労がたまってきましたが、そこはぐっとこらえながらキャップシール、シール張り、箱詰めをしていきました。

昨日心配だったブルーベリージャムとブラックベリーの固まり具合も、一日経つトロトロの丁度いい硬さになっていました。前回少し硬めにとろみがついていたので今回調節したのですがうまくいったようで安心しました。

また明日はジャム作りになりますが、お店で酢ドリンクも売れ始めているようなので、また酢ドリンク作りもしなければと考えていました。自分が作った物が売れるのは、雑貨販売とはまた別の喜びを感じます。美味しいとまた買いに来てくださる方が出来るように、心をこめて作っていきたいです。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

緊張のジャム作り

*初めての一人ジャム作り*

今日は今まで教わってきたことを、初めて一人でするという緊張の一日でした。

最初は色んなことを考えてあたふたしていましたが、教わったポイントや今までのことを思い出しながら作業を進めていきました。

午前中はブルーベリージャムを。焦げ付かないようにと気を張りつつ、他の作業とうまく進めること、砂糖を入れるタイミングなど頭を常に働かせながらの作業となりました。これでいいのかな?など?がたくさん出ましたが、自分でまずはじっくり考えて、それでもわからない時には指導を受けながらやっていきました。

予定よりも時間がかかってしましましたが、なんとかブルーベリージャムを瓶に詰めるところまで終わらせることができました。

午後からはブラックベリージャム。少しすっぱめのブラックベリーはブルーベリーよりも砂糖を多く入れるので、慎重に焦がさないように、美味しくできるようにと思いを込めながら混ぜました。ちょっとだけ鍋に焦げ付きがあったものの、なんとかとろっとした甘くてフルーティーなジャムが出来上がりました。

時間がいっぱいいっぱいになってしまい、キャップシールのところまでいけませんでしたが、無事に一人でジャムを作れたことにほっとしました。

しかしジャム作りはとても難しいものだと感じているので、気を抜かないようにこれからも作っていきたいです。

明日はストロベリージャムとラズベリージャム!今日よりも作る量が多くなりそうなので、今日よりもひとつひとつのことを素早く・そして丁寧に作っていきたいと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (1)

爽やかな香りに誘われる柚子酢ドレッシング

 今日は商品発送をしたのですが、ゴールデンウィーク前、そして週末ということで注文も多く一日があっというまに過ぎた気がします。商品を梱包するために重要な箱の発注が遅れてしまい、発送がぎりぎりになってしまいそうなところが出てしまいもっと早くに気づくべきだったと反省しました。商品だけでなく、色んなところに気を使って考えて行動していけるようにしたいと思います。

*今日は、「柚子酢ドレッシング」の紹介をします。*

まずは柚子の紹介、そしてこの酢ドレッシングの活用方法などをご紹介します。

<柚子>
1・学名  ・・・・・・ ・

柚子は、ミカン科の常緑植物で、柑橘類の1つ。
一般的にユズと呼ばれる物は本ユズ(ラテン名 yuzu、学名 Citrus junos)。果実は比較的大きく、果皮の表面はでこぼこ。一方で花ユズ(ラテン名 hanayu ないし hanayuzu、学名 Citrus hanaju)と呼ばれ、果実は小型であるが早熟性の柚子もある。日本では両方をユズと言ったり、混同している物が多い。

                     

2・原生地 ・・・・ 中華人民共和国の中央および西域、揚子江上流の原産であると言われる。日本への伝播については直接、もしくは朝鮮半島を経由してきたと言われていますがどちらであるか定かではありません。

3・効能  ・・・・・クエン酸、酒石酸、リンゴ酸という有機酸類による疲労回復、肩こり筋肉痛予防、胸やけ胃痛の解消、肝臓の働きを円滑にするなど。

     ・・・・・・ビタミンCが多く、お肌にハリを与え、病気の原因となる活性酸素を消去したり、血中コレステロールの低下、抗ウイルス作用、抗ガン作用などの働きがあります。果実より皮の部分に多く含まれています。

     ・・・・・・その他、風邪、二日酔い、月経不順、膀胱炎、食欲不振、貧血など

4・使用方法・・・・・和風料理に・お豆腐に・鍋料理や和風サラダに。また、柚子ドレッシング1にたいして水10でわっていただきハチミツをたしてドリンク酢としておのみいただけます。

5・柚子酢ドレッシング・概要・・・・
  酢ドレッシングはスパイス・オリーブオイル・岩塩と酢の自然素材だけでできているとてもヘルシーなドレッシングです。またバージンオリーブオイルを使用しているので健康的で油っぽくないドレッシングです。柚子酢ドレッシングは用途は広く、サラダドレッシングはもちろんのこと、和風料理やドリンク酢としても♪柚子の爽やかな香りとまろやかな酸味で、料理がぐっと美味しくなります!、日本料理や調味料において香味・酸味を加えるために使われる柚子ですが、今日から一味ランクアップした健康的で美味しい食生活のお供にオススメします***

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (4)

優しく鍋の焦げ付き対策♪

*あっ焦がしちゃった・・・そんな時のとっておき♪*

 今日は昨日に引き続き徳用のジャムを煮詰めていました。瓶の殺菌をしながらやっていると、ついやってしまう。・・・くんくん・・・あ、焦げた臭い(+_+;)

 焦がしてしまうと商品にはならないのでそれだけでも肩を落としてしまうのですが、さらに悲劇なのが、鍋底に付いた黒い焦げ!たわしでこすったって、クレンジング剤を使ったって、なかなか落ちてくれません…。

 もっとナチュラルな方法で、鍋にも衛生的にも良く焦げを落とす方法はないのだろうか、と探してみました。

 早速使いたいとっておき、ありました♪

= 酢 =

1.まず鍋を洗います。

2.鍋にお酢を入れます。底に1ミリ溜まる程度でOK。

3.火にかけてから、じっと待ちます。煮ている間に焦げが浮いてこないようでしたら、木べらなどで軽くこすってみて下さい。 (人体に無害ですし傷は付きません)

= 重曹 =

1.鍋の焦げ付いた部分に重曹をたっぷりと振りかけて、水を数カップ入れます。

2.火にかけて沸騰させた後、しばらく待ちます。

3.焦がした度合いにもよりますが、軽い程度でしたら一晩もつけておけば翌朝はがれて綺麗になります。

= 玉ねぎの皮 =

1.焦げ付いた鍋に玉ねぎの皮(茶色の部分)を入れ、お水と一緒に沸騰させます。

2.沸騰させたら焦げの部分が柔らかくなるので、スポンジでこすって洗い流せばOK。

 簡単で鍋にも人にも環境にまで優しい鍋の焦げ付き対策。焦がしてしまった時のお助け豆知識なので、是非あれこれと試してみてくださいね♪

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (3)

健康派の唐辛子酢ドレッシング

 今日は自然食品工房にてジャムの煮込みをし、森のパンやさんで使うために徳用のビン詰めをしました。ビンの殺菌もしながらの作業なので肉体的にもなかなか大変な作業でしたが、徐々に進めていけたので明日は今日の続きを、今日以上に効率よくしていけたらなと思います。

*今日は、「唐辛子酢ドレッシング」の紹介をします。*

まずは唐辛子の紹介、そしてこの酢ドレッシングの活用方法などをご紹介します。

<唐辛子>
1・学名  ・・・・・・ ・茄子(なす)科。学名  Capsicum annuum ・・・ Capsicum : トウガラシ属                     

2・原生地 ・・・・ 南アメリカ原産。 コロンブスがアメリカ大陸から持ち帰ったときに胡椒(こしょう)と間違えてペッパーと呼んだことから、今でも海外ではペッパーと呼ばれている。  日本には、16世紀にポルトガルから渡来した。

3・効能  ・・・・・活発なエネルギー代謝は、体脂肪の蓄積抑制、血液中の脂肪量減少などのダイエット効果

      ・・・・・ビタミンCには、感染症にかかりにくくする効果があり、カプサイシンの代謝効果との相乗効果により、風邪の予防には有効的

      など

4・使用方法・・・・・

       ・・・・・鍋・野菜炒め・ラーメンの辛味・ピザ・パスタの辛味などに

5・唐辛子酢ドレッシング・概要・・・・
  酢ドレッシングはスパイス・オリーブオイル・岩塩と酢の自然素材だけでできているとてもヘルシーなドレッシングです。唐辛子の成分がたっぷり酢にしみでていて個性のあるドレッシングにしあがっています。またバージンオリーブオイルを使用しているので健康的で油っぽくないドレッシングです。用途は広く、サラダドレッシングはもちろんのこと、パスタ・ピザの味付けや鍋料理の辛味としてもご利用いただけます。
 マイルドな中にも辛味が効いたこのドレッシングはいろんな料理に使用することが出来ます。唐辛子の発刊作用で代謝を良くするので、さらに体が熱くなるような料理に使用していただきたいです。温かい鍋のタレに使ったり、野菜炒めに少し加えるだけで簡単ピリ辛味に。是非自分だけの簡単レシピを見つけてください♪

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (8)

*美味しいクランベリージャムのススメ*

 ジャムシリーズも今日で最後!後半では、クランベリージャムについて書いていきたいと思います。:

*雑貨工房応援とケーキの袋詰め*

 一日春の陽気だった今日は、雑貨工房の片付け・そして書類のチェックと発送、ケーキの袋詰めと色んな作業をしました。雑貨工房も大分商品が豊富になり、来店してくださったお客様からも、楽しい・また来たい、という声が聞こえるようになりました。とても嬉しいお言葉です。ケーキの袋詰めは慎重に、作った人の苦労を壊さないようにと心がけて作業をしていきました。単調だと思われるような作業も、ひとつひとつ気持ちを込めれば楽しい気持ちで作業をしていけるように思います。

*美味しいクランベリージャムのススメ*

 今日はクランベリージャムの食べ方の提案などを交えて紹介していきたいと思います。まずはクランベリーについて調べてみました。

<クランベリー(コケモモ)ジャム>

1・学名  ・・・・・・

  学名: Vaccinium macrocarpon
和名: オオミノツルコケモモ
英名: cranberry

2・原生地 ・・・原産地は北アジア・北米東で、アメリカ・カナダで栽培されています。

3・効能  ・・・・

・キナ酸という成分は、老廃物の排出を助ける働きがある。そのため尿道炎や膀胱炎などの泌尿器系疾患に効果があるとされる。

・ブドウ種子ポリフェノールやアントシアニンなどのポリフェノールも多く含まれ、歯周病予防や抗酸化作用、コレステロール値の上昇を抑えるなどの効果もあるとされている。

・そのほかビタミンCも豊富に含んでいる。

4・使用方法・・・・・パンに塗って

       ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

       ・・・・・スコーンにのせて

       ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

5・クランベリージャムのススメ・・・・クランベリーは、アメリカ北部で生産されているツルコケモモ科の植物で、サクランボみたいに真っ赤な実をつけます。
クランベリーの薄いピンク色の花が、鶴(crane)のくちばしに似ている事からcrane-berryと呼ばれているそうです。クランベリーの赤い色は、アントシアニン!アントシアニンは特に強力な抗酸化作用を有しており、各種の感染症予防に役立つことがわかりました。また、コレステロール値の上昇を防いだり血液をきれいな状態に保つといわれているのです。
直径1~2cmのクランベリーの実をそのまま食べるとすっぱい!そのため生のまま食べられることはなく、ジャムやジュースなどの加工用に利用されてます。

 そんなクランベリーを使ったクランベリージャム。食べるとクランベリーの実がたっぷりなことを実感する食べ応え!甘みが加わり程よいすっぱさになっています。そんなクランベリージャムを使って蒸しパンケーキにチャレンジしてみませんか?

 *クランベリージャム蒸しパンケーキの作り方*

 材料:ホットケーキミックス 200g、牛乳 200cc、クランベリージャム 100g、水 適量

1.まずクランベリージャムを湯銭にかけ、適量の水で少しゆるくなる程度に溶く。

2.ボールにホットケーキミックスと牛乳を入れ混ぜる。

3.2にジャムを入れ、混ぜる。

4.耐熱容器に3を入れラップをし、電子レンジで一分加熱。

とっても簡単、ほのかなすっぱさが丁度いい蒸しパンに。是非他のジャムでも試してみてください。電子レンジの代わりに炊飯器でもできますね♪

投稿者:コミ

 

| | コメント (2) | トラックバック (9)

*指導の大切さ*

*指導の大切さ*

 今日は、指導するという大変さを改めて感じた一日でした。私がちょうど休みの日、発送した商品でお客様からのクレームがきました。私が直接商品を発送していなかったものではありますが、お客様への大切な発送について、担当者に充分な指導ができていなかったための失敗でした。今まで自分が理解していたことでも誰かに教えるとなると、相手にとっては全く知らないゼロからのスタートになるわけですが、「教えたつもりになっていた」所や「大切なところを強調する」といったことが欠けていたという事が増えていっていたように思います。

 私自身入社した頃を思い出すといつも危機感を持ってやっていて、ひとつひとつ教わったその場で覚え、さらにやってみて覚えていくということをしていたと思います。

 自分が注意しなければいけないと感じたところでも、相手に理解してもらえるように伝えるには大変な苦労が伴うことも最近感じています。自分の指導の仕方について改めて考え、日常の中で上手く覚えていってもらう為の上手い指導をしていきたいと思います。

 また、自分の今までやっていた仕事をしてもらうのですから、自分の仕事との区別をつけ、全体を把握しながら仕事をするということも私の課題になってくると思います。教えながら一緒に成長していけるように努力をしたいなと思いました。

今日は長くなってしまったので、商品の紹介はまた明日の日記に***

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

美味しい梅ジャムのススメ

*雑貨工房での一日*

 今日は昨日に引き続き商品の検品と陳列をしていきました。入荷する所が違うと、商品の雰囲気も違うので面白いです。特にこの雑貨工房・華では他にない商品を扱うということで、珍しい商品や一点物を入荷するところが多くそれがお店の魅力になっているのだと思います。今日もまた面白い商品が沢山入荷されました。是非この辺りに来た時には皆様に立ち寄っていただきたいです。

*美味しい梅ジャムのススメ*

 今日は梅ジャムの食べ方の提案などを交えて紹介していきたいと思います。まずは梅について調べてみました。

<梅ジャム>

1・学名  ・・・・・・学名 Prumus mume ・古くから栽培されていただけあって梅の品種は焼く300種以上!その中でも果実を食用とするためのものを「実梅(みうめ)」という。

2・原生地 ・・・梅の原産地は中国で,日本に入ってきたには奈良時代以前です。
中国では果実加工がおもな目的であったのに対して,日本では花の観賞用として栽培されていました。

3・効能  ・・・・

  • 強力な抗菌力(食べ物や薬物の中毒などに効果)
  • 整腸作用(下痢・便秘)
  • 駆虫
  • 鎮咳(ちんがい)
  • 止血
  • 疲労回復
  • 老化予防
  • 4・使用方法・・・・・パンに塗って

           ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

           ・・・・・スコーンにのせて

           ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

    5・梅ジャムのススメ・・・・

    「三毒を断ち、その日の難を逃れる-朝夕1個食べれば、医者いらず」といわれる梅です。 梅干しや梅ジャム、梅酒で利用され、日本人にとって身近な梅干し。この梅の強い酸味の主体はクエン酸リンゴ酸です。このクエン酸が上記にも書いたような効能と結びつく成分で、クエン酸がたっぷりの梅を食べると健康に良いといわれるのです。

     そんな梅を使った梅ジャム。梅の旨みをぎゅっと閉じ込めた梅ジャムは、甘酸っぱさがなんともいえずくせになる美味しさ!そんな梅ジャムは、シャーベットにして食べても美味しいと思います。サッパリした食べ心地の簡単梅シャーベットにチャレンジしてみてください!

    *梅ジャムシャーベットの作り方*

    1.梅ジャムとその倍量の水を鍋に入れ火にかける。(※この時お好みで砂糖を加える)

    2.鍋を火から下ろしてボウルへ移し、完全に冷めたら冷凍庫へ。

    3.初めは30分、その後は15分おきに取り出して滑らかになるまでかき混ぜる。

    4.ペースト状になったら密閉容器に移し、再度冷凍庫で冷やし固める。

    とっても簡単です。きっとこの夏の定番デザートになります♪

    投稿者:コミ

    | | コメント (1) | トラックバック (4)

    *美味しい栗ジャムのススメ*

     *雑貨工房の入荷商品*

     今日は雑貨工房に入り、春に向けて冬物をしまい新しく入荷した商品を検品・陳列をする作業をしました。既に雑貨工房には何箱か荷物が届いていて、それを開けると洋服やバッグが沢山入っていました。雑貨工房は二階で洋服も売っていて、今回は春・夏の商品が入荷したため商品数が多く、検品するだけでも一苦労でした。

     自分で発注した商品もそうですが、特に他のスタッフの方が発注した商品を開けるときはとてもワクワクします。まるでクリスマスプレゼントを貰った子供のような気分です。この時の雑貨との出会いで受ける気持ちから、ディスプレイや販売意欲に繋がっていくのではないかなと思いました。

     *美味しい栗ジャムのススメ*

     今日は栗ジャムの食べ方の提案などを交えて紹介していきたいと思います。まずは栗について調べてみました。

    <栗ジャム>

    1・学名  ・・・・・・学名 Castenea crenata Sieb.et Zucc.・英名 Japanese chestnut

    2・原生地 ・・・世界の栗は、日本栗(学名C.crenata)・中国栗(学名C.mollissima)・西洋栗(学名C.sativa)・アメリカ栗(学名C.dentata)の4種があります。日本栗は、天津甘栗やイタリヤのマロングラッセの栗とは別物です。原産国は日本です。

    3・効能  ・・・・栗には多くの栄養素が含まれています。

    デンプン
    たんぱく質
    ビタミンB1(お米の4倍)
    ビタミンC
    食物繊維
    カルシウム(果実類ではトップ)
    筋肉や骨を丈夫する(腰・膝の痛みを取る働き)
    胃腸を丈夫にする
    (胃虚弱による慢性の下痢を改善)
    血液の流れをよくする・体を温める
    (動脈硬化、脳卒中、脳血栓の予防)
    肌の調子を整える
    タンニン(渋皮に含まれる) 抗がん物質として近年注目されている
     

    4・使用方法・・・・・パンに塗って

           ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

           ・・・・・スコーンにのせて

           ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

    5・栗ジャムのススメ・・・・栗のでんぷんは樹上でとれる浄化された貴重なでんぷんなのです。豆類やイモ類と比較すると でんぷんの粒子が とても細かいです。これが、上品な味わいを生んでいます。この栗ジャムはかなり贅沢な一品。まるで甘露煮のように濃厚で栗がぎっしり詰まっています。上記の方法で食べていただいてもいいですが、これ一つでお茶請けになるほどの味わいと贅沢さなので、このまま食べていただくか、栗ジャムをメインに使ったお菓子を作って味わっていただきたいです。

     例えば白玉粉で大福の生地を作り、その中にこの栗ジャムを入れて栗大福なんてどうでしょうか?苦味とほのかな甘い香りが美味しい「ジャスミンな緑茶」と合わせて食べていただければ、お客様が来たときには素敵なおもてなしが出来ると思います。是非一度お試し下さい♪

    | | コメント (1) | トラックバック (1)

    プルーンジャム

     今日は通販でご注文頂いたお客様の商品の準備をしました。

     クッキーセットを結婚式の引き出物用にしたいとご要望があったので、引き出物として恥ずかしくないように心がけながら慎重に梱包をしていきました。幸せな晴れの日にお配りいただけるものとして選んでいただいたのはとても嬉しいことです。食べた方がまた幸せな気分になれる・・そんな幸せの連鎖を生む力がこのクッキーにはあると思います。そんな事を想像しながら準備をしていきました。

    そして恒例の・・

    *今日はプルーンジャムの紹介をします。*

    <プルーンジャム>

    1・学名  ・・・・・・Prunus domestica       Prunus     : サクラ属         
                                  domestica  : 国内の          
      Prunus(プラナス)は、ラテン古名の「plum(すもも)」が語源。バラ科。

    2・原生地 ・・原産地は長寿で有名なコーカサス地方です。それがギリシャを経てローマ、さらにフランス、ドイツ、イギリスへと広がり、近代に入って南北アメリカ、オセアニアへと広がっていきました。

    3・効能  ・・・・食物繊維が多く便秘解消や整腸作用がある。

         ・・・鉄分が多いので貧血作用あり。

          ・・・ビタミンAの働きにより、夜盲症や眼病予防などの目の健康維持に。 など

    4・使用方法・・・・・パンに塗って

           ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

           ・・・・・スコーンにのせて

           ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

    5・プルーン・概要・・・・実は大きくて甘いプルーン。とても一般的で、食物繊維が多いということも有名です。生食のほか、半生状のドライフルーツにして食べたり、刻んで料理の味つけに使ったりもされる身近な食材です。ペースト状にしたもの(プルーンシロップ)は、ホットケーキなどにかけたり、甘味料としても美味しいですね。プルーンジャムはすでに加工されているのでさらに美味しく食べやすいです。また、隠し味が入っているため、その風味が絶妙に絡まっていてプルーンの甘み+爽やかな後味になっていてとってもおいしい!プルーンの旨みが120%になっています!是非一度お試し下さい♪

    投稿者:コミ

    | | コメント (0) | トラックバック (3)

    ブラックベリージャム

    今日は雑貨工房の応援に入りました。徐々に新商品が入荷し来店も増えてきたので、お店に活気が出てきました。商品の並べ替えやバックヤードの整理をしていくと気持ちが良いだけでなく、商品も見つけやすく・手にとりやすい・・・売りやすく・買いやすいお店になっていきます。今まで埋もれていた物も並べ方で全く新しい商品かのような輝きを放ちます。その瞬間、雑貨を生まれ返させたかのようななんともいえない幸福な気持ちになるのです。

     また今年も一期一会に喜ぶお客様がいるのかと思うと、嬉しい気持ちになります。

    さて・・・

    *今日はブラックベリージャムの紹介をします。*

    <ブラックベリージャム>

    1・学名  ・・・・・・学名:Rubus fruticosus 科名:Rosaceae(バラ科)

    2・原生地 ・・・カナダバラ科キイチゴ属に分類される植物の一種。米国中部原産で、落葉半つるである。

    3・効能  ・・・・ 滋養強壮

         ・・・・エラグ酸・アントシアニン・ビタミンは相乗作用で食道がん・大腸がんに 効果的

          ・・・・ラズベリーケトンによる脂肪燃焼効果   など

    4・使用方法・・・・・パンに塗って

           ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

           ・・・・・スコーンにのせて

           ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

    5・ブラックベリー・概要・・・・・ブラックベリーはその名の通り黒い実で、木いちごの一種です。ジャムやジュースに加工して食べるのが好まれています。ブラックベリーにはラズベリーの香り成分であるラズベリーケトンが含まれています。ラズベリーケトンにはカプサイシンの3倍もの脂肪分解効果があるといわれています。普段なかなか出会えないブラックベリー。珍しいとお土産・ギフトなどにも人気の商品です。無添加で美味しい上に身体にも嬉しいブラックベリージャム。ぜひ一度お試しあれ。

    投稿者:コミ

    | | コメント (0) | トラックバック (3)

    酢ドリンク作り

     今日は一日工房に入り、酢ドリンク作りをしました。昨日下準備をした、ブラックベリー・ラズベリー・ブルーベリー・クランベリー・キウイの5種類を作っていきました。

     昨日準備していたベースとなる酢ですが、ミキサーでしっかりと混ぜたものは今朝になっても蜂蜜がきれいに混ざっていました。これは商品としての質が良くなるためだけでなく、味・飲みやすさのとても重要なポイントになります。前日からの準備が利いていたのでこの事をしっかりと心に留めておきたいと思いました。

     しかし作る本数が多い為、下準備で間に合わなかった物もありました。瓶などの資材を運びながらの作業になり、行ったり来たりという場面がありました。今日やっていて不備だと感じた所を今後徐々にでも生かして、当日順序良く作業を進められたらもっと良い商品作りが出来るのかもしれないなと感じました。

     一つ一つ手作業でフルーツを瓶に詰めていくことは決して大量生産が利くものではありません。しかしこの丁寧な作業だからこそ生まれる安心感や美味しさがあるのだと思います。フルーツのヘタや葉を取り除きながら瓶に詰めたり、ある程度均等になるよう微調整も人間の目や手を使ってこそ出来るものです。一つ一つ作っていくということの大切さを感じながら作業をした一日でした。

    投稿者:コミ

    | | コメント (1) | トラックバック (0)

    発送手伝い&ラズベリージャムについて

     *ラズベリー・ラズベリージャムについて後半でふれていきたいと思います。*

     今日は昨日に引き続き発送の手伝いをしました。発送が多い為2人がかりでの作業となりましたが、一件の商品数が多く準備に時間がかかってしましました。夕方には明日作るための酢ドリンクの下準備をしていきました。明日手際よく、美味しく作るための準備になるのでとても大切な工程になります。今後も下準備を疎かにせず、明日に繋げられる様にしていきたいです。

    *今日はラズベリージャムの紹介をします。*

    <ラズベリー(キイチゴ)ジャム>

    1・学名  ・・・・・・(英語:raspberry)は、バラ科キイチゴ属 Rubus の低木。フランボワーズ(フランス語:framboise)とも呼ぶ。

    2・原生地 ・・・ラズベリーの原生種はヨーロッパおよび北アメリカに自生し、そのうちヨーロッパの原生種は古くから知られていた。

    ヨーロッパの原生種は古くから知られていた。

    3・効能  ・・・・・ビタミンCが多く美白効果がある

          ・・・・・目の健康維持によいアントシアニンが含まれる

          ・・・・・月経不順の改善や生理痛の緩和

          ・・・・・エラグ酸の抗酸化作用による、発ガン物質抑制     など

    4・使用方法・・・・・パンに塗って

           ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

           ・・・・・スコーンにのせて

           ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

    5・ラズベリー・概要・・・・・風味・甘味・酸味が優れているのでジャムはもちろん、お菓子作り・リキュールなどにも好まれる食材です。女性にも嬉しい効能をもったラズベリーは赤くきれいな見た目で、食べると癖の無い甘酸っぱい味が食欲を増進させてくれます。今作っているまるまる果実(ジャム)の中でも人気の商品です。日本人の口に合うラズベリーというフルーツが日常的に食べるジャムになったことで、普段なかなか味わえない美味しさを気軽に食卓に出せるのが魅力だと思います。スタッフもお勧めの一品です。ラズベリーをあまり食べない方にも是非食べてみてほしいと思います。

    投稿者:コミ

    | | コメント (1) | トラックバック (4)

    お店の準備・ブルーベリージャムについて

     *日記の後半にブルーベリージャムの紹介をしたいと思います。*

     今日は午前に発送の手伝い・午後にお店の準備をしました。

     お昼頃から雪が吹雪始め、このまま積もるのかなと思いましたが夕方頃には雪も止み、お天気になったのでほっとしました。そんな中今日も慌しく一日が過ぎて行きました。

     午前の発送手伝いは注文が何件もあったので間違えがないよう、1件1件・1点1点に注意して準備をしていきました。午後は春に向けて届いた新商品(雑貨等)を検品し陳列していきました。

     やるべき事を手際よく、効率よくしていけるように努力をしていきたいです。

    *今日はブルーベリージャムの紹介をします。*
    <ブルーベリージャム>
    1・学名  ・・・・・・ Vaccinium corymbosum                        
                     Vaccinium  : スノキ属                     
                     corymbosum : 散房花序のVaccinium(バッキニウム)は、ラテン語の「vaccinus(牝牛の)」が語源。                   

    2・原生地 ・・・・・ブルーベリーはツツジ科のスノキ属の植物で、背丈は低く日本を含めヨーロッパ・アメリカなどに広く分布します。原生地は荒地や川辺が多く酸性の土壌を好みます。

     
    3・効能  ・・・・・眼精疲労

          ・・・・・白内障の改善

          ・・・・・毛細血管の強化      

          ・・・・・老化防止  など

    4・使用方法・・・・・パンに塗って

           ・・・・・ヨーグルトと混ぜて

           ・・・・・スコーンにのせて

           ・・・・・お菓子作り・ケーキなどに

    ぜひお試しください♪

    | | コメント (1) | トラックバック (3)

    雑貨工房の応援 2日目

     今日はもう春なんだなぁと思うようなの温かい一日でした。

     HPの変更やクリーンルームの縮図を手直しした後、昨日に引き続き雑貨工房の掃除やディスプレイを春らしく変えていきました。家具や布を変更するだけで雰囲気がガラッと変わるので、自分でやっていても新鮮な気持ちになります。

     少しずつ来店がある中、キッチンソルトやハーブティーがよく売れました。ハーブティーは根強い人気で、キチンソルトも商品がリニューアルされた昨年から人気が出始め、今はリピーターの方も多い人気商品です。

     夏になると別荘地の方や観光のお客様が増えます。そうするとお土産として商品を買っていかれる方が多く、ハーブティー・キッチンソルトは勿論、昨年はキッチンシュガーや酢ドレッシング、まるまる果実もとても売れ行きが良かったです。

     今年の夏はまた新しい商品が多く、パッケージの変わったコラーゲンティーや紅茶、新商品の酢ドリンクなどもどのように売れるのかとても楽しみです。

     やはりここでしか買えない商品、健康志向でリーズナブルな商品が魅力になっているのだと思います。それだけではなくスタッフの笑顔や心配りもとても大切です。北軽井沢に来て良かった、そんな憩いのお店になるように努力していきたいです。

    投稿者:コミ

     

    | | コメント (1) | トラックバック (2)

    « 2007年3月 | トップページ | 2007年5月 »