トップページ | 2007年4月 »

雑貨工房の応援

 今日は雑貨工房の応援に入りました。新しく商品も増え、自然食品工房で作った商品も陳列しました。手にとるお客様を思い浮かべながら、先日作り立てのまるまる果実(ジャム)もずらっと陳列しました。

 雑貨工房の方では春ということでディスプレイ変更をしました。たくさんある商品を並べていくのは大変で試行錯誤しながらの陳列でしたが、どうしたら商品をうまく見せられるかどうやったらお客様に手にとってもらえるか、観ていても楽しいディスプレイを考えていくのはとても楽しい。今年は新しくペット用品コーナーも設けました。スタッフ側もわくわくする新商品たちです。こういった気持ちを持つことで、物作りにも反映されるんじゃないかなと考えていました。

 お店でのまるまる果実売り上げ第一号!今日は友達にお土産としてまるまる栗を買って帰ろうと思います。濃厚でとってもぜいたくな一品なんです♪

 さっきから外で雷と雨がすごいので今日は早く家に帰りたいと思います。

投稿者:コミ

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

*ジャムの作り方*

 今日はジャムの作り方を紹介したいと思います。

1.フルーツと砂糖を用意し、大きめの鍋に入れて火にかける。

2.じっくりと火にかけ、沸騰してきたら中火にする。

3.砂糖が焦げ付かないようにかき混ぜ、とろみ出たら完成。

・・・ポイント・・・

※煮込む前にフルーツを砂糖に漬けておくと染み込むので、煮込みやすい。

※甘さはお好みで砂糖の量を調節してください。

※時間が経つと少し固まるので、煮詰めすぎない。

※無添加でフルーツの味がそのままのジャムになります。無添加ですのでお早めにお召し上がりいただくことをお勧めします。

・・・・・・・・・・・・・

♪ストロベリージャム♪

ストロベリーは果物の中で一番ビタミンCが多く、肌や皮膚を若々しくすると言われています。すぐに変色をしてしまうストロベリーですが、ジャムに加工して瓶に入れ冷蔵庫で保管すれば美味しい味を何日も楽しむことが出来ます。もし変色してしまっても美味しい味をそのままにジャムを作ることができます。ご家庭でも簡単に出来るジャム作りをぜひ一度体験してみてください。

投稿者:コミ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

発送準備とジャム作り

 今日はまずクッキーの発送をしました。運送屋さんが間違えて仕事が始まる時間と同時に来てしまったため、皆で急いで準備をしました。その後昨日できなかった発送の準備を、指導を交えながらしていきました。

 商品をお店様に合わせた仕様にしていく為、それを一つ一つ全部を覚えてもらうのは大変だと思い出来るところから指導をしたつもりでしたが、発送が多かったため沢山伝えるところがあり、覚えきれない部分があったようで何回か確認を取りながら準備をしてもらいました。

 11時すぎからまるまる果実(ジャム)作りに入り、今日はストロベリーと栗をつくりました。

 ストロベリーは砂糖をいれてから大分煮立っていたので泡が出てしまいました。泡を全てすくい、次回からはフルーツをある程度煮込んでから砂糖をいれようという話になりました。泡は出てしまいましたが、色も味もボリュームも、とても良い満足のいくジャムが出来たので 瓶詰めをしているときも嬉しい気持ちでジャムを詰めていました。

 栗は焦げ付きやすいのでしっかりと解凍してから煮込むという話になりました。砂糖をいれ煮込んでいくと、甘露煮のような濃厚でとても贅沢なジャムが出来上がりました。

 とても自信のいくジャムに仕上がったので、自分でもお土産などに買っていこうかと考える程でした。しかしまた作りたてとは変わるかも知れない固まり具合や味の変化をしっかりと見極めて今後の課題にしていきたいと思す。

 全てにキャップシールをかけ自分の作った表ラベルを張りこうしてジャムを見ると、出荷を待ちどおしく感じるのでした。

投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

今日一日の仕事で感じた事

 朝から降っていた雨も午後には止み、曇りの天気でも温かさを感じるようになりました。

 今日は午前から取引先の方がみえました。商品の変更に伴って以前から扱っていただいているギフトセットの内容変更がでてきたので、新に昨日私が準備しておいたハーブティーセットを前に話し合いを進め、一部を変更しただけでセットは決定しました。

 ハーブ関係の商品を扱っている方なので、今こんな商品が出ているらしいですよ、なんていうお話もさせていただきました。私は営業などはしていないのですが、お取引先の方との交流でもこういった情報が入ってくるのだなと思い、少しずつでもそんなやり取りを多くの方と自然に出来るようになれればいいなと思いました。

 午後は発送の手伝いをしながら新人指導をしたり、新たに作られる工場内の部屋の縮小図を作ったりと何かと忙しい一日でした。

 日々の仕事の中で、やりたいと思うことができなかったり後回しになってしまったりということがあり、効率よくこなしながらも気を配った仕事というのは難しなと感じます。私は効率よくというのが苦手なので新人の方にも目を向けながらの仕事はなかなかうまく進まない事が多いですが、物事を人に教える立場になるのでしっかりと自分の事はもちろんのこと、全体を見て仕事を進められるように努力をしていきたいなと思いました。

投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

お店のオープンと新商品陳列

 今日からお店が土日もオープンになり、冬まで無休の営業に変わりました。

そして冬から商品化してきた新商品をお店にお披露目する日にもなりました。

 長かったようで短かった冬季中、沢山の打ち合わせと試行錯誤で出来上がった新商品たち。今回製造にも携わった私の心持ちは去年の今頃に新商品を並べていたものと違っているように思いました。

 シールのデザインや製造をしてやっと商品を並べるまでになり、配置も去年と少しずつ変えながら商品を並べていくと商品がキラキラして見え、また新しい気持ちで春を迎えられるようなそんな気持ちになりました。

 今日は午後から雨が降ったものの、とても温かい陽気でした。季節が変わると共に自分の心も少しずつ変化しているように感じた日でした。

投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

新入社員指導

 今日は新入社員研修日です。一年が早かったなと改めて感じる日でもありました。はきはきと明るい表情の新入社員Sさんは、こちらも元気になるような明るい雰囲気の方で今日一日が楽しくなりそうだなと感じました。

 私の業務を徐々に引き継いでもらうため、一日一緒に仕事をしました。教えることも覚えることも膨大な量なので自分でも頭の中を整理しながらの指導になりました。

 その中から今日は事務関係と発送業務について覚えてもらいました。まずは毎朝来社してからの仕事、そしてコンピューター入力作業、発送業務。全て一からの指導になるので私も頭をフル回転させ、伝わりやすく覚えやすいように工夫しながら伝えていきました。

 何件ものお店様や個人様とお取引をしていて、各々の取引方法が違ってくるためその都度確認していかなければなりません。今でも私は間違えてしまうことが度々あるので、初めてのSさんには相当なプレッシャーになると思います。いずれはやり方をマスターしてもらいたいと思いますが、初めのうちはこちらにその都度確認を取ってもらい、私も確認をしていくよう心がけたいなと思いました。

 明日は一緒にお店の業務をしていきます。指導をする中で、私も一緒に成長していけたらいいなと思います。

投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (1)

ジャム作りをしました。

製造

2007/03/22

 デリ工房でのまるまる果実(ジャム)作り2日目。今日はストロベリー、プルーン、梅を作りました。自分なりに昨日製造した事を活かしながら細かいことに注意をして作業を進めました。

 今日も瓶の殺菌、材料の準備から始まりました。昨日も一通りの作業をしましたが、やはりジャムの種類によって全ての手順が変わるのでまた一つ一つ注意しながらの作業となりました。

 まずはストロベリージャム作りから。フルーツは水分が多く出てしまうため、実をたっぷりと瓶に詰めていくとどうしても最後にエキスがたくさん残ってしまいます。今回は濃厚なジャムにするため、ストロベリーと甜菜糖を混ぜておき出てきた水分を別にして煮込むという作業をしました。瓶の殺菌と平行してやっていたのですが、火の温度を確認した時焦げの臭いがしてきたのです。…案の定底の方が焦げ付いていました。昨日の失敗から反省したはずなのに…!と思っていたのですがどうやら火加減等の問題だけではなく、甜菜等事態が焦げ付きやすい性質をもっているようでした。体に良いといわれる甜菜糖ですが、砂糖でもグラニュー糖とはこんなに性質が違うのかと驚きました。ストロベリーに焦げの臭いがついてしまったので今回は商品として出すことを止め、工房で使おうということになりました。とっても綺麗で旨みたっぷりのストロベリーだっただけに、ジャムに出来なかったことが残念でした。

 次にプルーンジャム作りに取り掛かり、プルーンをミキサーにかけるところから始めました。水分の少ないプルーンなので途中でミキサーについてしまったプルーンを落としたり、水を少しずつ加えて滑らかにしたりといった気配りが必要となりました。砂糖・水分を加え混ぜていくと程よい状態となり、つぶつぶが残った食べ応えのあるものとなりました。

 梅ジャムは梅を煮込み実をほぐすという大変な下ごしらえの後の製造となります。こちらは私はほとんど携わりませんでしたが、とても手が込んでいて味見をしたらとてもおいしく梅の味が凝縮されたジャムになっていました。次回製造の時にはこの下ごしらえを大切にしっかりとポイントを押さえ、美味しいジャムをつくりたいなと思いました。

今日は昨日は見えなかった事、新に反省すべき点など今日だから知り得た事がいくつもあり、充実した一日になりました。

投稿者:コミ

| | コメント (0) | トラックバック (2)

トップページ | 2007年4月 »